日付のあるノート、もしくは日記のようなもの(1) 「人生について考えると抽象が気になってくる」4月29日から6月10日|田中功起

初出:ゲンロンβ50 2020年6月26日発行

日付について


 ぼくは日付のついたテキストという形式に興味がある。

 そもそも日付は社会的なものである。読み手も、書き手も、日付を通してそのときの社会状況を思い出す。いまはコロナ禍の中で、ぼくは緊急事態宣言下からそれが解除された時期にかけてこれを書いている。そして、あたり前だけれども、日付はとても個人的なものである。ぼくはいま家事をしつつ、妻と出産に向けて準備を行っている。

 

 日付のあるテキストは、そのひとがいつどんなときに何を考えていたのか、社会的背景と個人史の双方を結びつける 。ひとの考え方は変わる。例えば2011年3月10日に書かれたテキストと2011年3月20日に書かれたテキストがあれば、その間の大きな断絶を想像できる。3・11の震災がその間にあるからだ。 震災を経てそのひとが何を考えるようになったのか、二つの日付のあるテキストはその変化を記録する。もちろん、ぼくの場合は「作品」(「プロジェクト」という呼び名の方がしっくりくるけど)にも制作年が残るから、日記がなくても社会背景は参照されやすいけれども。

 

 これからここで書いていくのはいわゆる「日記」ではない。日記は基本的にはその日のうちに書き終えるものだし、推敲や校正などはいちいちしないだろう。むしろ密かに書かれるものかもしれない。だが、公開を前提にしたこのテキストは推敲があり、編集による校正が入り、著者校があり(さらに念校もあるかも?)、その上で公開される。個別の日付ではなく書き始め から原稿確定までの長さで記される。それでも個人的なことを書いていくわけだから、誰かの手が入り、公開を前提としていたとしても、やはり「日記のようなもの」だ。

 

 では、なぜ日記なのか。いや、なぜ日記のようなものを書くのか。

NEWS

連載

ゲンロンβ