イスラームななめ読み(4) アッラーのほか、仏なし|松山洋平

初出:2021年7月26日刊行『ゲンロンβ63』

 イエズス会のフランシスコ・ザビエルは、日本でキリスト教の宣教を開始した当初、真言密教の大日如来をデウスと同一視し、ひとびとに「大日を拝みあれ」と説いたといわれる。しかしその後、「大日」が不適切な訳語であると気づいたザビエルは、一転して「大日な拝みあっそ」(大日を拝むな)と呼びかけたという★1

 一方で、デウスと大日を同一視したのはザビエルではなく、真言宗の僧侶たちであったとの記録も存在する★2

 どちらが史実であるかは、ここでは問題ではない。いずれにしろ、最終的にザビエルらは、「デウス」を日本語に翻訳することを諦め、ラテン語のまま「でうす」と呼び、日本での布教を進めた。

 はたして、ザビエルらは「デウス」を日本語に翻訳することをさほど重要視していなかったのだろうか。決してそうではない。カトリックの宣教師たちは、翻訳の如何が、新しい土地における宣教の成否に大きく関わることを理解し、宣教先で話される言語の研究に力を注いでいた。日本でもそれは変わらなかった。にもかかわらず、来日した宣教師たちは、「デウス」を日本語に翻訳することを諦めたのである。

 この事実は、天地の創造主を名指し得る言葉が、日本語──少なくとも当時のそれ──の中には見出せなかったことを示している★3。ジョアン・ロドリーゲスは、「日本人は今日までその御方のことを知らなかったために、日本語で、その御方をお呼びする名前を持たなかったのである」とのザビエルの言葉を書き残している★4

「デウス」の翻訳問題は、中国でも起こった。

 17・18世紀の中国では、「デウス」の訳語をめぐり、清朝で布教に携わったカトリックの司祭たちの間に大きな論争が生じた。

 19世紀には、イギリスとアメリカのプロテスタントの宣教師たちが、今度は英語の「ゴッド」の訳語をめぐり、「神」と訳すべきだとする陣営と、「上帝」と訳すべきだとする陣営とに分かれ、意見を対立させている★5。結局この対立は解消されず、「ゴッド」を「神」と訳した中国語訳聖書と、「上帝」と訳した中国語訳聖書の両方が印刷された。

 この論争は、日本語における「ゴッド」の訳語を方向付けることになる、一大事件でもあった。

 19世紀末の日本でキリスト教の布教に携わった者の中には、「ゴッド」の中国語訳として「神」を支持した宣教師たちの流れをくむアメリカ人が多かった。その結果、特にヘボン訳聖書(1872年)の出版以降、中国語訳聖書から──さほどの学術的検証もないままに──転用された「神」という言葉が、英語(キリスト教)の「ゴッド」の日本語訳として採用され、そのまま定着するに至る★6

 今でこそ私たちは、ゴッドの訳語としての「かみ」を、何の違和感もなく受け入れている。しかし、そもそも中国語の「神」(shén)は、日本語の「カミ」とは異なる意味を持っていた。近代日本語においては更に、この中国語の「神」が、キリスト教の「ゴッド」の意味が付与された上で、「カミ」という日本語と結合しているのである。

 柳父章が指摘するように、近代日本語の「かみ」という言葉はこのような経緯で二重に意味がねじれてしまっている★7。近現代の日本人は、このようなねじれを持つ「かみ」という言葉を用いて、日本古来のカミや、天皇、キリスト教その他の宗教の「神」をも、理解してきたことになる。津田左右吉がその可能性を示唆するように、「ゴッド」を「かみ」と訳したことに付随する言語干渉が、日本における戦中・戦後の国家づくりにも影響を与えたのだとすれば、「カミ」=「神」=「ゴッド」との認識を形成した一連の翻訳は、近代日本にとっての世紀の大翻訳(世紀の大誤訳?)だったと言うこともできる★8

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1984年静岡県生まれ。名古屋外国語大学世界教養学部准教授。専門はイスラーム教思想史、イスラーム教神学。東京外国語大学外国語学部(アラビア語専攻)卒業、同大学大学院総合国際学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。著書に『イスラーム神学』(作品社)、『イスラーム思想を読みとく』(ちくま新書)など、編著に『クルアーン入門』(作品社)がある。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事