当事者から共事者へ(12) リア充と共事|小松理虔

初出:2021年7月26日刊行『ゲンロンβ63』

 小松さんはリア充だから賛同できない。

 

 ゲンロンカフェで行われたトーク番組で、そんな便りが読み上げられたのは、批評家のさやわかさんと辻田真佐憲さん、そしてぼくの鼎談企画「シラスと酒」の中盤だったか★1。ちなみにその前には「さやわかさんと辻田さんはオタクで陰キャだから信用できるけど」という趣旨のコメントも書き込まれていた。つまり、小松は陽キャでありオタクではない。だからやつの意見には賛同できない、ということのようだった。それはさすがに粗い括りではないかと疑問を呈してもよかったけれど、できなかった。思い当たる節があったからだ。

 ここのところ、仕事の関係で新聞をよく読むようになった。新聞にはいろいろな社会課題が取り上げられている。政治、社会、ジェンダー、福祉、あるいは人権。日本の課題の根源が日々鋭く伝えられている。記事には、偏見や差別に苦しんでいるマイノリティや当事者も登場する。そして、なんらかの異議申し立てをしたり、社会に対するメッセージを発したりする。記事を読むたび、ああ、この問題で苦しんでいた人がこんなにもいたとは。問題があると気づかずに済んだのは自分が恵まれた環境にあったからであって、もしかしたら、どこぞの局面では加害者の側に立ってきたのかもしれないなあと、自分を恥じるような気持ちになる。

 悲痛な声を数多く聞き、ぼくは、今さらながら、自分が常にマジョリティの側にいたんだと気づかされた。そもそも男性であり、健常者であり、なんらかの障害や困難があるわけではない。それに、先ほどのコメントが指摘しているように、ぼくには我を忘れて没頭できる趣味や特技もなければ、何かのオタクと呼べるほど熱中しているものもない。おまけに、自分の家があり、妻子がいて、仕事もそれなりに順調と言えるかもしれないし、人前で喋るのは得意なほうだ。つまり、ぼくは現実として「陽キャでリア充」性が強い。コメントがついた時には、たしかになあと納得するほかなかったし、イベント中だからそこで怒ってしまうのもよくない。さやわかさん、辻田さんと対話を続けるほかなかった。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1979年いわき市小名浜生まれ。ローカルアクティビスト。いわき市小名浜でオルタナティブスペース「UDOK.」を主宰しつつ、フリーランスの立場で地域の食や医療、福祉など、さまざまな分野の企画や情報発信に携わる。2018年、『新復興論』(ゲンロン)で大佛次郎論壇賞を受賞。著書に『地方を生きる』(ちくまプリマー新書)、共著に『ただ、そこにいる人たち』(現代書館)、『常磐線中心主義 ジョーバンセントリズム』(河出書房新社)、『ローカルメディアの仕事術』(学芸出版社)など。2021年3月に『新復興論 増補版』をゲンロンより刊行。 撮影:鈴木禎司

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事