情念の白い墓標(2) 日本のバルザック(1)|入江哲朗

初出:2012年4月20日刊行『ゲンロンエトセトラ #2』

3.

 国立浪速なにわ大学附属病院第一外科のあずま教授が、自らの「女房役」である助教授の財前五郎に対して抱く印象とは、たとえば次のようなものであった。

 それにしても、財前のあの頭の回転の早さと用心深さは何だろうか──。教授の機嫌を損わず、しかも言葉尻を捉えられないように一つ一つの意見に、何々だと聞いていますがという慇懃な間接的表現を取りながら、自分の云うべき論点は強引にちゃんと云ってのけている。その要領のよさとそつのなさは、東のように医学者の名門に、苦労らしい苦労もせずに育って来た者には到底、真似の出来ないもので、苦労して下積みからのし上り、土足で権威の世界へ踏み込んで来る者のふてぶてしい逞しさであった。
(①238頁。なお本稿では2002年の新潮文庫版『白い巨塔』の巻数を便宜上①~⑤の記号で示した。また注記のないかぎり引用文中の強調はすべて原文に基づく)

 財前五郎は岡山県の片田舎の生まれであり、旧姓は黒川といった。小学校の卒業を前に父を事故で亡くし、以後は父の弔慰金と母の内職と奨学資金によって浪速大学の医学部まで進学した。学生時代の五郎をなにかと支援してくれていた村の開業医が、財前又一と大阪医専で同窓だった縁により、医学部を卒業して5年目の助手時代に五郎は又一の娘・杏子と結婚する。養子縁組を結んだその日から、黒川五郎は財前五郎となった。

 財前又一は堂島で財前産婦人科医院を開業する産科医である。自分の娘婿を「わしの買うた投資株」と呼んではばからない又一の扶助によって、五郎は金銭面での心配に煩わされることなく巧みにキャリアを積み上げ、杏子とのあいだに2人の子供を儲けるかたわらでバーのホステスの花森ケイ子とも情事を重ね、43歳となった現在では週刊誌に「食道外科の若き権威者」と持てはやされるほど脂が乗りきっていた。じじつ、彼が癌の専門医として自家薬籠中のものとしていた胸壁前食道胃吻合術の手技は、世界的にも一頭地を抜く㆑ベルに達していた。いまや周囲の誰もが財前を第一外科の中心と見なしており、そんな彼の功名は、停年退官間際の東の胸中に警戒とも嫉妬ともつかぬ「くろい影」を少しずつ広げていくこととなった。

『白い巨塔』の物語は、第一外科の財前五郎と第一内科の里見脩二という対蹠たいせき的な性格を持つ2人の主人公によってあざなわれているが、あくまでも主軸を成すのは立身栄達の野心に燃える財前の一代記である。その行く手に最初に立ちはだかることになるのは、彼の師であった。東は自分の後任教授として、財前ではなく金沢大学の菊川教授を推すことを決めた。菊川を紹介したのは東の出身校でもある東都大学の船尾教授であり、そこには、浪速大学に対する「リモート・コントロール」をそれぞれに目論む東と船尾の思惑が複雑に絡みあっていた。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1988年生まれ。アメリカ思想史、映画批評。東京大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)。日本学術振興会特別研究員PD。著書に『火星の旅人――パーシヴァル・ローエルと世紀転換期アメリカ思想史』(青土社、2020年)、『オーバー・ザ・シネマ 映画「超」討議』(共著、石岡良治+三浦哲哉編、フィルムアート社、2018年)など、訳書にブルース・ククリック著『アメリカ哲学史――一七二〇年から二〇〇〇年まで』(大厩諒+入江哲朗+岩下弘史+岸本智典訳、勁草書房、2020年)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事