よい子のためのツーリズム(1)ビーチとマスツーリズムの終わり|速水健朗

初出:2012年10月31日刊行『ゲンロンエトセトラ #5』

 海辺は、本を読んだり、ものを書いたり、考えごとをするのに、決して適当な場所ではない。何年にもわたる経験で、わたしはそのことを知っているはずだった。温かすぎるし、湿気がありすぎる。それに、頭を働かせたり、精神の飛躍を試みたりするには、あまりに居心地よすぎる場所でもある。

――アン・モロウ・リンドバーグ『海からの贈りもの』

 ツーリストやバカンス客たちにとってビーチが特別な場所となったのは、18世紀の後ろ3分の1以降のことだ。当時の海辺は、レジャー・娯楽というよりも、療養、体力回復といった保養のための場だった。海水や海辺の空気に触れることが病気の療養や体力の回復に効果があるとして、人々はビーチに繰り出すようになったのだ。

 1860年にある医学の権威はこう発言した。「海の空気は血液を、ひいては、[…]あらゆる器官を刺激し、浄化する傾向のある特性を、最高度に有している」(アラン・コルバン『レジャーの誕生〈新版〉』)と。当時は、ビーチの風に吹かれてさえいれば、人は健康を維持できるという考え方が支配的だったのだ。

 イギリスの中産階級の間で広がったビーチ信仰は、19世紀末のヨーロッパの有閑階級に伝染し、彼らがバカンスを過ごす場所としてリビエラなどのビーチのある場所が選ばれるようになる。そして、ビーチの大衆化は、同じく19世紀後半の鉄道普及とともに訪れる。大都市から鉄道でつながれた地方のビーチには、労働階級の人々も群がり始めたのだ。

 ただし、注意すべきは18、19世紀のビーチでは、人々は街を歩くときの姿のままビーチでの時間を過ごしていたという。海辺に建てられた小部屋の中でのみ服を脱ぎ、冷水を浴びていたという。

ヤンママとキャバ嬢とホストとやくざの渚


 ビーチの文化史は一旦置いておこう。この夏、僕は海水浴のために千葉の御宿おんじゅく海岸に出かけた。実は、毎年夏になるとここを訪れるのだが、今年でもう12年目である。

 今年の御宿はとにかく盛況だった。平日の昼間でも子連れの母親たちで溢れている。駐車場に泊まっているのは、フェイクファーを敷き詰めたダッシュボードにぬいぐるみが並ぶ地元ナンバーの軽自動車である。“ヤンママ”たちだ。土曜になるともっと大勢の人々が渚を埋め尽くす。サークル仲間と来ている大学生にホスト風、キャバクラ風の男女に体育会系の男たち、意外と女性の2人連れも多い。相変わらず、ヤンママたちも大勢いる。

 つまり見渡す限りのリア充とDQNといった風景である。ここでは男のグループが女だけのグループに声をかけるという行為が始終繰り返されている。御宿のビーチは千葉きってのナンパスポットとして知られているのだという。房総半島出身者の話によると、千葉の高校生の間では、夏休みにバージンや童貞を失いに行くときには、御宿を目指すのだという。

 上記の人々以外にも、本職のやくざの人たちもいた。本職とわかったのは、着ているTシャツに「○UMIYO○HI-KAI ○OS○GE-SOCI○TY XXX(一応伏せ字!)SOLDIER」と書いてあったからだ。ここは暴力団員が多いことでも有名なのだ。いまどきは、公営のプールでも湘南や葉山といったビーチでも、入れ墨を入れた人の入場は禁止されているので、千葉に行くほかないという事情もあるのだろう。

 ビーチの文化史で見たように、ビーチが中産階級の保養地だった時代からは、長い年月が経ってしまった。

NEWS

連載

ゲンロンβ