第1期ゲンロンファクトリー優秀作 「国民作家」宮崎駿の日本回帰――転回点としての『紅の豚』のアメリカ|中谷径

初出:2013年01月31日刊行『ゲンロンエトセトラ #6』

 ゲンロンファクトリー第1期は、企画始動に相応しいじつにすぐれた論文に恵まれた。ここに掲載する中谷論文が扱うのは、あの国民作家・宮崎駿。すでに語り尽くされたかに見える宮崎作品から、「アメリカの影」という補助線を引くことで中谷はまったく新しい物語を取り出して見せる。宮崎はなぜ「日本回帰」したのか、『耳をすませば』の舞台はなぜ郊外でなければならなかったのか、そしてゼロ年代のオタク分析はなぜ宮崎を回避したのか、中谷はそれらの問いに、抽象的な議論を弄ぶのではなく、『紅の豚』のテマティックな分析を通してひとつひとつ説得力のある答えを出していく。今後の宮崎駿論にとって、本論文は避けては通れないマイルストーンになるだろう。中谷は30代前半の会社員、本論文がはじめて記した評論文とのことだが、新人離れした手つきは将来を期待させる。ぜひまた新作が読んでみたい書き手である。(東浩紀)

 

ほとんど波のない静かな入江に浮かぶ真紅の飛行艇、その傍らの砂浜に置かれた寝椅子で昼寝をする男の顔には、「CINEMA」という名の雑誌が乗せられている。電話が急を告げ、男がおもむろに雑誌を除けたとき、現れるのは豚の顔である。

 

 これは、1992年に劇場公開された宮崎駿監督によるアニメ『紅の豚』の冒頭である。あえて顔を隠したまま主人公ポルコを登場させ、その後にあらわにするこの演出に、観客の注意を豚の顔に向けさせる意図があることは明らかである。

 しかし、例えば2012年4月に9度目のテレビ放映がされたとき、この定石どおりで明快な演出に反応した人は、どれほどいただろうか。『紅の豚』に限ったことではないが、宮崎の監督作品は繰り返しテレビ放映されているため、何度も観ている人が少なくない。あるいは、観たことはなくとも、『紅の豚』の主人公が豚の顔を持つという程度の知識は、いつの間にか身についている。だから、ほとんどの人は豚の顔の登場を当然のように受け止め、それが「現実」に照らしてかなり異様な場面であることには思い至らない。これほどわかりやすい演出であるにもかかわらず、豚の顔が現れてもなんの感慨も抱かなければ、その明瞭な意図にもまず気づかないのだ。この国の人々は、普通の演出を普通に受容できないほどに、宮崎アニメに慣れ親しんでいるのである。

 ある世代以下の人に「好きな宮崎アニメは?」と尋ねれば、なんらかの答えが返ってくるし、評論めいた言葉が語られることすら稀ではない。あるいは「観たことがない」と答える人がいれば、周囲は驚きをもって受け止めるだろう。このように、その作品に接していることが日常会話の前提とされる作家など他にいるだろうか。宮崎駿こそ、現代の日本においてもっとも「国民作家」と呼ぶに相応しい存在である。ポストモダン化の現れのひとつである「島宇宙化」(宮台真司)が、異なる島宇宙に属する者同士の対話を困難にしていることを考え合わせれば、この国において宮崎アニメが占める位置の特異性は際立っている。

 この「国民作家」たる宮崎が、あるときを境に日本回帰をしたことは注目されてよい。ここでいう日本回帰とは、宮崎アニメの舞台が日本に設定されるようになったという具体的かつ明白な事実を指している。

 実際に、劇場用の長編について、それぞれその舞台を確認していこう。

 劇場用としては初監督作品である1979年の『ルパン三世 カリオストロの城』は、ヨーロッパに位置すると思しき架空の小国「カリオストロ公国」が主な舞台である。1984年の『風の谷のナウシカ』は、「火の7日間」と呼ばれる最終戦争から1000年後というSF的世界であり、1986年の『天空の城ラピュタ』も「蒸気機関車の頃に書かれたSFのよう」★1な世界である。1989年の『魔女の宅急便』は、コリコという架空の街が舞台で、その景観は主にヨーロッパの都市のコラージュによって形作られている★2。そして、1992年の『紅の豚』はアドリア海とその周辺国が舞台である。この『紅の豚』までを前期とすると、一作品を例外として、舞台が日本以外に設定されている。例外の作品とは1988年の『となりのトトロ』で、舞台のモデルは東京と埼玉にまたがる狭山丘陵とされる。

 後期は、1995年の『耳をすませば』以降である★3。その舞台は同時代の東京であり、当時の京王線・聖蹟桜ヶ丘駅周辺の風景がかなり忠実に再現されている。1997年の『もののけ姫』は、室町時代という設定★4で、架空の要素も強いが、日本が舞台といって間違いない。2001年の『千と千尋の神隠し』は、主要な物語が八百万の神が集う湯屋があるという日本的な設定の異界で展開され、その外の現実世界も日本である。2008年の『崖の上のポニョ』の舞台は、瀬戸内の港町がモデルとされている。後期における例外は2004年の『ハウルの動く城』で、ヨーロッパ風の架空の世界が舞台だが、この作品については、当初宮崎は企画としてのみ関与する予定だったという製作過程を考慮すれば、無視してもよいだろう★5

 この他に、「宮崎アニメ」とは言い難いが、宮崎が脚本を担った2010年の『借りぐらしのアリエッティ』、2011年の『コクリコ坂から』は、いずれも時期としては後期にあたり、やはり日本が舞台とされている。『借りぐらしのアリエッティ』については、原作の『床下の小人たち』の舞台がイギリスであるにもかかわらず、わざわざ日本に変更されたものだ。


★1 『出発点』、547頁。以下主要文献の書誌情報は記事末尾を参照。
★2 『風の帰る場所』、314頁。
★3 『耳をすませば』は近藤喜文監督作品であり、主に演出面で宮崎の監督作品とは異なる印象を与えるが、アニメの設計図にあたる絵コンテを担うなどの宮崎の果たした役割の大きさや、後述する『もののけ姫』との関係を踏まえて、本稿では「宮崎アニメ」として扱う。
★4 『出発点』、419頁。
★5 なお、『魔女の宅急便』、『千と千尋の神隠し』も同様の制作過程である(『宮崎駿全集』、277-278頁)。

NEWS

連載

ゲンロンβ