英雄たちの戦歴と雑兵の夢 「新しい伝統をつくる――木ノ下歌舞伎の演劇と革新」を終えて|木ノ下裕一

初出:2015年9月11日刊行『ゲンロン観光通信 #4』

 先月、8月14日に、ゲンロンカフェにてトークイベントをさせていただいた。3時間にも及ぶ長丁場であり、私にとっては大変有意義な時間であったが、お聞きになられたお客様はさぞクタクタになられたことと思う。しかしながら、ともすれば、若手演劇人の勝手気ままなおしゃべり、いわゆる独りよがりな「寝床」になりかねないこの会が、終始、集中力の途絶えることなく、その熱を持続させることができたのは、ひとえにスピーカーとして児玉竜一先生(早稲田大学文学部教授・演劇博物館副館長)が同席してくださっていたからだろう。ある時は聞き手に徹してくださり、ある時は私のとりとめのない発言をまとめてくださり、またある時は補足してくださる……古典芸能研究の第一人者であり、批評界を牽引されている児玉先生にお付き合いいただくなど畏れ多い話だが、この分不相応な〈相三味線〉あってこそ、私の下手な語りでもなんとか持ち堪えたものと、今更ながら感謝に堪えない。

 

イベント中の様子。筆者(左)と児玉竜一教授(右) 撮影=編集部

 

 トークの前半は、まず私が、挨拶がわりに「木ノ下歌舞伎とは何か?」というテーマで簡単な団体説明と活動紹介をさせていただいたあと、木ノ下と古典芸能との出逢い、その馴れ初めについての話題が主であった。上方落語に血道をあげ、サンタクロースに「米朝落語全集」をねだった小学校低学年時代、大阪の上方演芸資料館(ワッハ上方)に入り浸り警察官に補導された小学校高学年時代、夜行バスを駆使して和歌山⇔東京間を往復しながら歌舞伎座の幕見席に通った中学時代、受験勉強そっちのけで文楽にうつつをぬかしていた高校時代……などなど、けっして人に誇れない武勇伝(?)の数々を、嬉々として語ったわけだが、今考えると我ながら「いい気なものだ……」とあきれ返るしかない。