【書評】『新対話篇』『哲学の誤配』(評者=倉数茂 氏)――『週刊読書人』2020年7月10日号に掲載

ゲンロンα 2020年7月9日 配信

『週刊読書人』2020年7月10日号に、東浩紀『新対話篇』、『哲学の誤配』の書評が掲載されました。評者は、作家の倉数茂氏です。

東の思想の変遷を詳細に振り返りながら、「評者は東は無意識に特定の<場所>とそこにいつの間にか<憑くもの>という主題を追いかけているのではないかという感想を持った。死者、祖霊、天皇といった存在はそのようなものだが、子供も具体的で固有な家族のもとに生まれ落ちるほかなく、フィクションのキャラクター(登場人物)はテクストそのものと切り離せない。おそらく彼は思想や芸術もそうした<場所>に宿る営みとして捉え直そうとしているのではないだろうか。」と、『新対話篇』、『哲学の誤配』にみられる、人が集まり対話をする<場所>の思想についてご感想をお寄せいただきました。

ぜひお手にとってご覧ください!

 

読書人WEBにも書評が公開されました!(7/21更新)
以下のリンクより全文をお読みいただけます。ぜひご覧ください!

記事URL(読書人WEBのサイトへ):https://dokushojin.com/review.html?id=7315


ソクラテスの対話をやりなおす――
哲学と芸術の根本に立ち返った本格対談集


ゲンロン叢書006 東浩紀『新対話篇
2020年5月1日刊行 ソフトカバー・四六判 本体384頁
ISBN:978-4-907188-36-8

ゲンロンショップ:https://genron.co.jp/shop/products/detail/272
Amazon:https://amzn.to/3cJSvHr

【目次】

はじめに
草木の生起する国 梅原猛
テロの時代の芸術 鈴木忠志 司会=上田洋子
SFから神へ 筒井康隆
種の慰霊と森の論理 中沢新一
文学と政治のあいだで 加藤典洋
正義は剰余から生まれる 國分功一郎
デラシネの倫理と観光客 五木寛之+沼野充義
歴史は家である 高橋源一郎
国体の変化とジェンダー 原武史
生きることとつくること 柳美里+飴屋法水


誤配とは自由のことである――
近くて遠い読者に向けたインタビュー&講演録


ゲンロン叢書007 東浩紀『哲学の誤配
2020年5月1日刊行 ソフトカバー・四六判 本体208頁
ISBN:978-4-907188-37-5

ゲンロンショップ:https://genron.co.jp/shop/products/detail/273
Amazon:https://amzn.to/34WvpKM

【目次】

はじめに 東浩紀
第1の対話 批評から政治思想へ
第2の対話 哲学の責務
講演 データベース的動物は政治的動物になりうるか
解説 東浩紀との出会い パク・カブン
日本語版刊行によせて 安天

NEWS

連載

ゲンロンβ