東浩紀「会う・集まる自由の再構築」――『FORE 2020年8月号』に掲載

ゲンロンα 2020年9月14日 配信

不動産協会発行の広報誌『FORE 2020年8月号』に東浩紀インタビュー「コロナと都市――会う・集まる自由の再構築」が掲載されました!

「コロナ禍以前は、対面での打ち合わせで雑談をすることが当たり前だった。しかし、最近のオンライン会議では、どうしても雑談がしにくい。『不要・不急』な雑談はどんどん除かれていく。その結果、会議の議題のみを議論する。そうなると、情報交換の量が少なくなり、打ち合わせの内容がだんだんと貧しくなっていると感じる。『不要・不急』とみなされていた雑談こそが、会議全体を構成する重要な要素だったということを示していると思う」と、人々が豊かに生きていくために必要だった「会う・集まる」ことの重要性についてコメントを寄せています。

記事は以下のリンク先からも全文をご覧いただけます。
https://www.fdk.or.jp/t_fore/pdf/fore_no117.pdf

ぜひご覧ください!

「FORE」最新号(不動産協会): http://www.fdk.or.jp/t_fore/

NEWS

連載

ゲンロンβ