〈ゲンロン新芸術校〉第5期 金賞受賞者展 ユゥキユキ×平山匠「三すくみんぐ」6月6日(日)より東日暮里「元映画館」にて開催

ゲンロンα 2021年5月24日 配信

2021年6月6日(日)から6月20日(日)まで、株式会社ゲンロン主催のアートスクール「ゲンロン新芸術校」第5期の金賞受賞者である、ユゥキユキと平山匠による展示「三すくみんぐ」を開催します。
会場は荒川区東日暮里のアート・イベントスペース「元映画館」です。会期中は出展作家によるバーイベントも開催予定です。

ゲンロン新芸術校 第5期の最優秀作家お2人による個展に、是非足をお運びください。

 

【展覧会ステートメント】

ユゥキと平山はどちらも、しかし異なる方法で、「2者関係」をモチーフとしてきた。

ユゥキは前作において、自らが囚われている共依存的な「母/娘」関係のなかに「男装コスプレどうしのBL」を挿入することで、閉ざされた2者関係の解体を試みた。一方平山は、自閉症の兄が創作した物語を彫刻化することによって、2者関係の本質的な理解を追求した。それぞれが抱える2者関係をめぐって、別々の方向へ歩んでいたふたりが、図らずも共に「3すくみ=3者関係」へと辿り着き、ひとつの展覧会を作ることになった。

前作で2者関係の愛情、性愛を解体しようとしたユゥキは、「生殖」の問題へと歩みを進め、種としての人間を相対化する「3者関係による生殖」という思考実験に踏み込んでゆく。前作では、兄が創作した物語を原作としたインスタレーションを展開していた平山は、カレル・チャペック、ヨゼフ・チャペック兄弟によるSF小説『R・U・R』にインスパイアされ、ロボットを生み出す兄弟(兄/ロボット/弟)の物語を創作する。

ゆきづまった2者関係の向こう側に、異なる視点から描かれた3者関係が現れる。

ユゥキユキ〈「あなたのために、」〉2020

 
平山匠〈モンスター大戦記ハカイオウ〉2020

 

【ゲンロン新芸術校 第5期 金賞受賞者展】
「三すくみんぐ」

出展作家:ユゥキユキ、平山匠
展示ビジュアルデザイン:GoodMondays(https://www.good-mondays.com/

会期:2021年6月6日(日)〜6月20日(日)(会期中無休)
開場時間:13:00-21:00
※16:00-16:30は映像作品の上映停止がございます

会場:元映画館
https://www.moto-eigakan.com/museum
住所:〒116-0014
東京都荒川区東日暮里3丁目31-18旭ビル2F 
JR常磐線三河島駅より徒歩5分
JR山手線日暮里駅より徒歩15分

入場料:500円

※マスクを着用の上ご来場ください。
※入り口では手指の消毒、検温にご協力ください。

関連イベント
作家によるバーイベント
6月12日(土)、19日(土) 17:00-20:00(予定)
イベント参加者:ユゥキユキ、平山匠

 

【出展作家プロフィール】

ユゥキユキ(現代美術作家)

静岡県出身。東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻(壁画)修士課程修了。同大学院博士後期過程在籍中。第21回岡本太郎現代芸術賞 特別賞受賞。
コスプレ、アイドル、BLなどのオタクカルチャーに関わりながら、自分と社会、虚構や現実といった境界領域に存在する人間の「欲望の受け皿」をテーマに様々な表現方法を用いて制作する。

 

平山匠(美術家・彫刻家)

1994年東京都出身。東京造形大学彫刻専攻卒業、東京藝術大学大学院美術教育研究室修了。
自己と他者の間に存在する様々な”違い”や”領域”をテーマに、陶や粘土を使ったオブジェ・インスタレーションを主に制作。言語領域を超越したコミュニケーションを可能とする美術表現を日々追求している。

 

 

school_logo_large2

ゲンロン新芸術校 – ゲンロンスクール

ゲンロン新芸術校 – Facebook

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ