韓国で現代思想は生きていた(1) 柄谷行人はいかにして韓国の知的スターになったか|安天

初出:2011年10月20日刊行『しそちず! #7』

 韓国の思想界でゼロ年代に最も話題になった外国の思想家を二人挙げるとすれば、スラヴォイ・ジジェクと柄谷行人だろう。今年9月5日付の京郷新聞の記事によれば、2000年以後、ジジェクは23作、柄谷は12作の著書が翻訳された(京郷新聞は左派系日刊紙で、右派系の朝鮮日報・中央日報とは異なりネット上で和訳記事を提供していない)。なかでも柄谷の『近代文学の終り』は1万部以上売られ、ひとつの文学現象になっている。「柄谷行人が『近代文学の終り』を告げたが」という言葉が、韓国の文学言説において枕詞と化したほどである。その後ろには、ジャック・デリダ、ジョルジョ・アガンベン、アラン・バディウ、ジャック・ランシエールの名が連なる。この記事のタイトルは、「ハーバーマスとフーコーの空席、ジジェクと柄谷が埋める」。韓国の思想界において柄谷がいかに注目されているか窺い知ることができよう。

 韓国で日本の小説が大人気なのは、ご存じの方も多いと思う。日本での韓流ブームとは比較にならないほど長い期間にわたって日本の小説が読まれ続けている。コンビニでも日本の小説を目にすることができる。日本の書店で韓国の小説を目にすることはまずない状況とは対照的である。村上春樹は80年代後半から読まれ始め、『1Q84』も世界で最も速く翻訳され1年もしないうちにミリオンセラーになった。最近は韓国作家が書いた小説より、日本小説の翻訳刊行数のほうが多いという。90年代は春樹の他に村上龍、吉本ばなな、江國香織なとどが読まれたが、ゼロ年代に入ってからは平野啓一郎、伊坂幸太郎、東野圭吾、恩田陸、西尾維新、谷川流たにがわながるなどと、読まれるジャンル自体が多様化している。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1974年生まれ。韓国語翻訳者。東浩紀『一般意志2・0』『弱いつながり』、『ゲンロン0 観光客の哲学』、佐々木中『夜戦と永遠』『この熾烈なる無力を』などの韓国語版翻訳を手掛ける。東浩紀『哲学の誤配』(ゲンロン)では聞き手を務めた。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事