ひろがりアジア(5) コロナ時代のタイ観光と窮地に立つタイマッサージ|小木曽航平

ゲンロンα 2021年4月6日配信

 今日、タイ語で「ヌアット・タイ」と呼ばれるタイの伝統マッサージ(以下、本コラムでは単に「タイマッサージ」と呼ぶ)は、2019年12月にユネスコの無形文化遺産に登録され、名実ともに「タイらしさ」を代表する文化の1つとなっている。私がこのタイマッサージを研究していたのは、おおよそ2008年から2013年にかけてであった。

 あの頃、私は何度となく現地を訪れていた。街を歩いて汗だくになった身体を図書館の容赦のないエアコンに冷やされながら、医学理論が書かれた雑多な文書を前に頭を抱えたり、見たこともない身体図を見つけて興奮したりしていた。一方で、機会さえあれば調査と称して街角のマッサージ店に通った。しかし、今やあの頃のような気楽さでタイを訪れることも、マッサージを受けることも難しくなってしまった。

 タイは、中国以外で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認された国である。しかし、最初の感染が確認された2020年1月から、第一波が落ち着く7月までの累計感染者数は3,500人以下に止まり、死亡者数も58人にまで抑え込んだ。国際観光客到着数が年間約3,900万人(2019年の統計)と、世界で8番目に多い観光立国にも関わらず、これだけ感染に歯止めをかけられた事実は驚きでもある★1。国内で感染の増加が見られ始めた2020年3月には、プラユット首相が緊急事態宣言を発表し、集会の禁止や国境の封鎖、そして感染の危険性のあるエリアへの入域禁止などが決められた。その中にはパブや娯楽施設などとともにマッサージ店も含まれていた。

 当初、2020年4月30日までとされていた緊急事態宣言の期限は2021年3月現在も延長され続けている。だが途中で規制の一部緩和も行われ、2020年6月1日以降はマッサージ店も営業を再開できるようになった。およそ3ヶ月に渡る営業停止を余儀なくされた店は、予約制やマッサージ師のフェイスシールド着用、客への検温などの感染防止対策を実施し、「ニューノーマル」と呼ばれる新たな生活様式の中で、なんとか営業を維持していくことになった。しかしながら、その後も外国からの入国規制が全面的に解除されることはなく、タイを訪れる観光客は激減し、今なおマッサージ業界を窮地に追いやっている。

 コロナウイルスがこの業界に与える致命的な影響があるとすれば、それは次の2点に集約される。ニューノーマルによる人と人との接触の制限と、パンデミックによる国際観光の制限だ。特にタイマッサージは伝統医療であるだけでなく観光資源としてその存在感を確立してきたため、外国人観光客がいてこそ1つの産業として成立してきたといえる。もしも新型コロナウイルスの影響で外国人観光客が来ないならば、多くの店舗で閑古鳥が鳴くのは想像に難くない。

 現時点(2021年3月)で、タイは再び感染が拡大傾向にあり、地域によっては2度目の営業停止を余儀なくされている店も出ている。こうした中,今年に入っていくつかのマッサージ団体から政府に対して早期の営業開始を求める請願が出された★2。タイスパ協会は、国の全土でおよそ80%のスパ事業者が店を閉めており、早急に何らかの補償が必要であると政府に訴えている★3。少しずつ営業再開が認められてきているものの、やはりインバウンド観光客にその収益の多くを頼ってきたのは明らかだ。コロナ禍によって、この先タイマッサージはどうなっていくのだろうか。本コラムでは、その歴史的・文化的背景を整理しながら、コロナ時代のタイマッサージについて考えてみたい★4
 

街角のタイ薬局。マッサージに使うオイルなども販売されている
 

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

こぎそ・こうへい/1983年生。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科博士後期課程修了、博士(スポーツ科学)。現在、広島大学大学院人間社会科学研究科准教授。専門はスポーツ人類学、身体論。近著に「スポーツする身体の人類学──運動形態論的視点からみた走ることの異種協働──」『文化人類学研究』(21巻)。共著・分担執筆として『よくわかるスポーツ人類学』(ミネルヴァ書房、2017年)等。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事