アンビバレント・ヒップホップ(4)サウンドトラック・フォー・トリッパー|吉田雅史

初出:2016年07月08日刊行『ゲンロンβ4』

 本連載では、これまで様々なビートについて考察を進めてきた。それらは、ラップ・ミュージックを中心に据えた、ビートを巡る議論であった。しかし前回の連載で、私たちは、ヒップホップの地平には、それ自体で自律し言葉を必要としない類のビートたちも存在することを確認した。今回改めて着目したいのは、なぜラップ=言葉を必要としないビートが誕生し、それらが需要されるのかという問いである。

1. 接続する音楽/切断する言葉

 東浩紀は、宇川直宏、黒瀬陽平との鼎談で「音楽は人々を接続するもので、言葉は人々を切断するもの」であると指摘している★1

 音楽の接続性の一面については、前回の連載における「ビートの公共性」を巡る議論で考察した。DJを介して聴衆がグルーブを共有するとき、そこには人々を接続するという音楽の特性が明確に表れている。そしてここで考えてみたいのは、音楽の中でも特に、ラップ・ミュージックについてである。それは接続性を有する音楽でありながら、同時に「過剰に」言葉を持っている。勿論、ポップスやロックのような歌モノも、歌詞=言葉を持っている。しかし歌モノの歌詞は一般的にメロディの音数に制約を受けるため、比較的文字数は少なく、より多くの人々が共感できるような抽象的な詞を持つ楽曲も少なくない。一方でラップ・ミュージックにおいては、言葉は過剰に供給される。単純にその文字数は、多い。

 歌モノの愉しみの1つとして挙げられるのは、その歌詞に共感し、歌われている登場人物に感情移入することだろう。だとすれば、歌詞が長ければ長いほど、同化したい対象の詳細が語られれば語られるほど、その対象と自身の状況にズレが生まれる可能性もまた高くなる。 多くを尽くすほど、その書き手とリスナーを切断するのもまた言葉である。しかしその齟齬を脳内で修正しつつ「これは私のための歌である」と解釈するのも無論リスナーの自由である。

 では、ラップ・ミュージックからラップ=言葉を取り払ったらどうか。12インチのB面を根城とする、インストバージョン。言葉を持たないインストの音楽についても、そこに個人的な体験を重ね合わせたり、感情移入することは可能だろう。この場合に聴衆は、音楽のメロディ、リズムや音質、それらの組み合わせが齎す、ときにメランコリックで、ときに暖かく、ときに暴力的で、ときに溌剌としたイメージそのものに、思うがままに個人的な物語を重ね合わせ、感情移入するといった手続きを踏むことになる。音楽は、それを共有する人々の間を接続するだけでなく、私たち個人の経験=物語とそれに結びつく感情とも接続するのだ。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1975年生。批評家/ビートメイカー/MC。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉初代総代。MA$A$HI名義で8th wonderなどのグループでも音楽活動を展開。『ゲンロンβ』『ele-king』『ユリイカ』『クライテリア』などで執筆活動展開中。主著に『ラップは何を映しているのか』(大和田俊之氏、磯部涼氏との共著、毎日新聞出版)。翻訳に『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』(ジョーダン・ファーガソン著、DU BOOKS)。ビートメイカーとしての近作は、Meiso『轆轤』(2017年)プロデュース、Fake?とのユニットによる『ForMula』(2018年)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事