アンビバレント・ヒップホップ(5) この街に舞い降りた天使たちの羽根はノイズの粒子でできている|吉田雅史

初出:2016年09月09日刊行『ゲンロンβ6』

1. ロサンゼルスというトポス

 ロンドン大学とインペリアル・カレッジ・ロンドンの調査によれば、アメリカにおいて、この50年間で最も大きな影響力を持ったジャンルは、ヒップホップ、つまりラップ・ミュージックだという★1。日本でもここ最近、「日本語ラップ・ブーム」という言葉を耳にする機会が増えた。日常的に耳にする楽曲の中に、ラップ・ミュージックそれ自体はあまりなかったとしても、それが齎した影響が見て取れる楽曲は決して少なくないだろう(ループ構造、サンプリング、歌唱法など)。アメリカのみならずイギリス、フランス、ドイツなど欧州各国や韓国、日本など東アジアでも商業的に成功を収め、広く認知されているヒップホップはしかし、その誕生から長きにわたりある地域に限定された物語だった。その誕生の地でもある、ニューヨークである。

 1970年代のニューヨークのサウスブロンクス。ブロックパーティの現場などで産声を上げたヒップホップ文化の1つが、MCing=ラップであった。その発展の物語においては、各地域を代表するクルーの間の対立(=ビーフ)も生まれたが、それらは全てニューヨークのファイブ・ボローズ★2内での出来事であった。しかし80年代後半から、ロサンゼルス出身のMCたちが活躍し始め、90年代には西海岸のヒップホップを代表する様式となるGファンク★3が花開き、ギャングスタ・ラップが商業的な成功を収める。ニューヨークの地域間の対立は、ニューヨーク対ロサンゼルス、つまり東海岸と西海岸の対立に軸を移す。

 当初はプロレス的なエンタメとして需要された東西間の対立は、やがてカオティックで制御不可能なものとなってゆく。そして虚構と現実の境が曖昧になったことの最悪の帰結として、私たちは西海岸の2パック、東海岸のノトーリアス・B.I.G.というヒップホップシーンにおいて極めて重要な才能を失うことになる。東西抗争は多くの教訓を残して終結を迎える。その後も東西の2つの街は重要なアーティストと作品を世に出し続けるが、一方で90年代後半に米国南部から現れていた、サザンラップ★4の興隆が始まる。その延長線上でアトランタを発祥として生まれたトラップが、現在進行形のシーンにおいては、最も影響力を持っている★5

 しかし改めて米国のシーンを見渡せば、ロサンゼルスにこそ、重要なトポスの磁場を感じずにはいられない。何故か。それは、現在最もエッジィで重要な仕事をしているMCであるケンドリック・ラマーと、ビートメイカーのフライング・ロータスが、どちらもロサンゼルス出身であるからだ。そして、両者はそれぞれ『good kid, m.A.A.d city』(2012年)、『Los Angeles』(2008年)というロサンゼルスを舞台とした作品をリリースし、それぞれが彼らの代表作であると同時に、時代にその名を刻むクラシックとして評価されている。この2つの才能が、何故ニューヨークではなく、ロサンゼルスから現れたのだろうか。あるいは、何故ロサンゼルス出身の2人が、シーン全体を牽引するような仕事を成し得たのだろうか。

この記事は有料会員限定です

ログインする

購読する(月額660円)

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1975年生。批評家/ビートメイカー/MC。〈ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾〉初代総代。MA$A$HI名義で8th wonderなどのグループでも音楽活動を展開。『ゲンロンβ』『ele-king』『ユリイカ』『クライテリア』などで執筆活動展開中。主著に『ラップは何を映しているのか』(大和田俊之氏、磯部涼氏との共著、毎日新聞出版)。翻訳に『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』(ジョーダン・ファーガソン著、DU BOOKS)。ビートメイカーとしての近作は、Meiso『轆轤』(2017年)プロデュース、Fake?とのユニットによる『ForMula』(2018年)など。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

関連記事