チェルノブイリの勝者──放射能偵察小隊長の手記(6)|セルゲイ・ミールヌイ 訳=保坂三四郎

初出:2014年5月3日刊行『ゲンロン観光地化メルマガ vol.12』

第1回はこちら
第5回はこちら
本作品の解説・訳者からのメッセージはこちら
 


第3章 キャンプのバックグラウンド(背景事情)

 7月25日

 夜。明かりが煌々と灯るテント──〈レーニン部屋〉。

 中隊の士官が、さまざまなリストや線量や報告用紙で一面埋め尽くされた長テーブルに座って書きものをしている。
 ミーシャは感謝状を封筒に詰めて糊で貼っている。
 政治将校は紙の山に埋もれている。
 私:おれたちの本来の仕事はキャンプじゃなく現場、原発だ。
 政治将校:それは大きな誤解だよ! 誰でも最初はわからないもんだ…

放射能偵察小隊長の作業メモより

第17話 毎時0.3ミリレントゲン~キャンプのバックグラウンド

 キャンプの線量は毎時0.3ミリレントゲン(≒3μSv/h)だった。

 いつのことだったか、日が傾きかけていた頃だ。仕事の後に私と第三小隊長のヴォロージャ、それともう一人誰かが偶然いっしょになった。

 立ったまま、気の置けない仲間同士であれやこれや話をする。

 そして一服。

 そこにアンドレイという政治・思想担当の副隊長(いわゆる政治将校)がやってきてその輪に加わる。

 タバコの箱を差し出してきたが、一本するりと地面に落ちてしまった。

〈ホワイト〉と呼ばれるフィルター付きの輸入物。

 ここでの貴重品。(チェルノブイリのような場所ではタバコは恒常的に不足していた。)

 魅惑的なフィルター付きタバコが足元に転がっている。

 我々──3人の放射能偵察隊長──は黙ってタバコを見つめている…

 政治将校はかがんでタバコを拾い上げると息を吹かけてから火をつけた。

 それを見ていた我々は胸を撫で下ろし、タバコを無駄にしなくてよかった、とおのおの心の中で思った…線量は仕事のときと比べたらお遊びのようなレベル。埃を吹き落せば問題なし。どうせここは自然放射線のたった2、30倍程度なのだから…

──〈すぐに拾ったタバコは落としたうちにはいらない〉──

 毎時0.3ミリレントゲン。キャンプのバックグラウンド線量。

この記事は有料会員限定です

ログインする

月額課金購読する

年会費制サービス「ゲンロン友の会」の会員も有料記事をお読みいただけます。

ゲンロン友の会に入会する

+ その他の記事

1959年生まれ。ハリコフ大学で物理化学を学ぶ。1986年夏、放射能斥候隊長として事故処理作業に参加した。その後、ブダペストの中央ヨーロッパ大学で環境学を学び、チェルノブイリの後遺症に関して学術的な研究を開始。さらに、自分の経験を広く伝えるため、創作を始めた。代表作にドキュメンタリー小説『事故処理作業員の日記 Живая сила: Дневник ликвидатора』、小説『チェルノブイリの喜劇 Чернобыльская комедия』、中篇『放射能はまだましだ Хуже радиации』など。Sergii Mirnyi名義で英語で出版しているものもある。チェルノブイリに関する啓蒙活動の一環として、旅行会社「チェルノブイリ・ツアー(Chernobyl-TOUR)」のツアープランニングを担当している。

+ その他の記事

1979年秋田県生まれ。ゲンロンのメルマガ『福島第一原発観光地化計画通信』『ゲンロン観光地化メルマガ』『ゲンロン観光通信』にてセルゲイ(セルヒイ)・ミールヌイ『チェルノブイリの勝者』の翻訳を連載。最近の関心は、プロパガンダの進化、歴史的記憶と政治態度、ハイブリッド・情報戦争、場末(辺境)のスナック等。

注目記事

ピックアップ

NEWS

連載

ゲンロンβ

関連記事